メニュー

糖尿病の治療

糖尿病とは、血糖値(血液中のブドウ糖濃度)が病的に高い状態を認める病気です。

糖尿病には「(I 型(インスリン依存型)糖尿病」と「Ⅱ型(インスリン非依存型)糖尿病」「その他の特定の機序、疾患によるもの」、「妊娠糖尿病」と大きく分けて4つのタイプがあります。
「Ⅰ型(インスリン依存型)糖尿病」は、ウイルス感染や自己免疫により膵臓が破壊されておきる糖尿病です。全体の約5%の方が、こちらのタイプの糖尿病です。
「Ⅱ型(インスリン非依存型)糖尿病」は、遺伝要因にくわえて、食べ過ぎ、運動不足、ストレスが加わって発症する糖尿病です。約90%の糖尿病がこのタイプです。
糖尿病は深刻な合併症(神経障害、網膜症、腎症、動脈硬化症など)を引き起こすことがあり、最悪の場合は、透析、足の切断、寝たきりになる危険な病気です。がんや認知症になる確率も高くなることが判っています。早めの治療・対策が必要です。

当院の治療について

当院では、食事療法、運動療法、内服薬やインスリンの注射による薬物療法を行っています。

初診時から3回に分けて合併症を含む糖尿病の精査を行っており、患者様と相談しながら治療計画を考えていきます。

医師、看護師、臨床検査技師、管理栄養士、医療事務がチームとなり、患者様をサポートしています。

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME