メニュー

心筋梗塞について

心筋梗塞とは

動脈硬化が進行し、冠動脈にできていたプラークが破裂して冠動脈を完全に閉塞してしまい、心筋に血液が完全に行かなくなり、心筋が壊死してしまった状態が心筋梗塞です。

心筋梗塞の症状

  • 突然に胸が焼けるように重苦しく、押しつぶされるような、締め付けられるようになって、冷や汗が出る
  • 吐き気がある、吐くこともある
  • 上記症状が長く続く(10分以上、時には数時間続くこともある)

<大切なこと>

症状から心筋梗塞が疑われる場合は、救急車を呼ぶなどして一刻も早く(発症後2時間以内)、専門的な病院を受診してください。

 心筋梗塞の予防

当院では、心筋梗塞を防ぐため、病気や症状を抑えるための指導や薬の処方をしたり、生活習慣についての指導を行っています。

心筋梗塞は、日本国内において、がんに次いで死亡原因の高い病気ですが十分に予防が可能ですので、ご自身の生活習慣などが気になる方は是非当院にご相談ください。

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME